違いをしっかり調べておこう

>

使っている道具が異なる

カメラを把握しよう

撮影する時に欠かせない存在が、カメラです。
アマチュアは、1種類のカメラしか使っていない傾向が見られます。
ですがプロは、いくつかの種類のカメラを使って動画を撮影します。
望遠カメラを使えば、遠くのものでも近くにあるように撮影できます。
また広角カメラという種類のカメラを使っているプロも多いです。

1つのカメラでは、同じような動画しか撮影できません。
クオリティーの高い動画を作りたいと思うなら、たくさんのカメラを使っているプロに任せた方が良いと思います。
プロでも1種類のカメラしか持っていない人がいるので気をつけてください。
自分がどのカメラを使いたいのかあらかじめ決めて、確実にそれを使っているプロを見つけましょう。

編集するソフト

動画を撮影しただけでは、クオリティーを高めることができません。
字幕を付けることでさらに伝わりやすくなりますし、音楽を付けると雰囲気が出ます。
それぞれを追加するためのソフトがあるので、プロとアマチュアで比べてみましょう。
アマチュアは、無料で使えるソフトを使っていることが多いです。
それでも基本的なことはできますが、有料のソフトに比べたら機能が少ないと思ってください。

基本的なこと以外の編集をしてもらいたいと思った場合は、有料のソフトを使っているプロに任せてください。
プロは有料のソフトを使っている人がほとんどなので、いろんな工夫をしてくれるはずです。
ありきたりな動画がでは満足できない人は、プロに依頼しましょう。